白髪染めトラブル実はコレをしておくと・・・

今、「グレイヘア」が注目されています。

グレイヘアとは、白髪をあえて染めないヘアスタイル。

最近、白髪染めによる皮膚トラブルを怖れて、グレイヘアにする女性が増えているんです。

でも安全な白髪染めさえあれば、黒髪で若々しく見せたいですよね。

実は「100%安全な白髪染め」など存在しません。

いくら低刺激、自然由来といわれる白髪染めでも、体質や体調によっては皮膚トラブルを起こしてしまいます。

絶対安全な白髪染めがないのなら、「安全に白髪染めを使う」ことが大切。

そのためには必ず、パッチテストを行なうようにしましょう。

まず白髪を染める日を決め、その2日前に染毛剤を腕の内側に塗りつけます。

腕中ベッタリと塗らなくていいんですよ。

綿棒で薄く、10円玉ぐらいの大きさに塗れば十分です。

そのまま衣服につかないように乾かし、48時間放置。

塗った30分後と48時間後の2回、塗布部分の様子を見ます。

その際、絶対に絆創膏などで覆わないようにします。

かゆみや湿疹が強く出る恐れがあり、たいへん危険です。

観察中に何らかの異常を感じたら、すぐ洗浄を。

その薬剤で染毛はしないようにしましょう。

48時間経って、何も異常がなければOKです。

パッチテストは、白髪染めをするたびに行なうことがとっても大切。

前回反応が出なくても、今回は症状が出てしまうことも十分ありうるからです。

特にアレルギーによる皮膚炎は、アレルゲンが体内にたまることで発症します。

回数を重ねるごとにリスクも高まるので、染めるたびにパッチテストをするようにしましょう。

パッチテストで反応がなくても、皮膚トラブルが心配な場合は保護クリームを塗ると良いです。

あらかじめ頭と顔の境に保護クリームを塗っておけば、白髪染めが肌についても落ちやすくなります。

保護クリームは、クリームが髪につかないように気をつけながら厚めに塗るのがコツ。

塗る部分は額だけでなく、耳たぶや耳の裏まで塗るようにします。

実は白髪染めによる皮膚トラブルは、耳周辺に起きることが多いんです。

白髪染めが付着しそうな部分は、できるだけまんべんなく塗るようにしましょう。

頭皮に薬剤を残さないためには、染めた後、入念にシャンプーをすることも忘れずに。

「安全な白髪染めかどうか試す暇なんてない。とにかく今すぐに白髪を隠したい!」

そうお望みの方は、マスカラタイプの白髪染めを試してみては?

マスカラタイプの白髪染めは使う範囲も狭いですし、シャンプーですぐに落とせるので皮膚へのダメージが少なめです。

色持ちはしませんが、白髪があまり多くない方は試す価値あり!

お出かけ前にチョコッと塗るだけで、十分若く見せられますよ。

だからといって油断は禁物。

つけてみてピリピリするようなら、すぐに使用を中止し洗い流しましょう。

安全に白髪を染めるためには「パッチテストをする」「保護クリームを塗る」「皮膚・髪に負担の少ない白髪染めを使う」の3つを心がけて!

さらに少しでも異常を感じたら使用をやめ、皮膚科を受診しましょう。

髪のオシャレを楽しむためには、安全な白髪染めを探すだけでなく、安全に白髪染めを使うことも大切です。